TOPへ戻る DIY作業報告@サンバー 近況報告 掲示板 ブログ
DIY作業報告@ワゴンR 更新履歴 画像掲示板 リンク集

その4 2DINデッキの取付

 4回目の作業にしてようやくオーディオに手を付けました。
 以前ワゴンRにぶち込んでたケンウッドの2DINデッキを取り付けました。

 これが購入時に付いていた純正デッキです。
 CD+FMラジオで1DINサイズ。別に問題があった訳でもないんですがこのデッキ、2スピーカー仕様なんです・・・。
 だもんで今後リアスピーカーを増設した際に問題が生じてくるのでデッキも余ってる事だしと交換しちゃう事に。

 社外品のデッキを交換する前に購入しなければならない物をご紹介。

 左側はオーディオハーネスと呼ばれる物で 純正のカプラーに繋ぎ、社外品デッキが取り付け出来るギボシ端子へと変換してくれるケーブルです。

 右側はアンテナ延長ケーブルで50センチ延長出来る物。これが必要な訳はまた後ほど。

 購入が済んだところで作業開始です。

 まずデッキ部分のインパネを外します。
 インパネは単純に嵌りこんでいるだけなので内装外し等の工具でちょっとこじってやれば外れます。
 コツは全周をまんべんなくちょっとずつこじって外す事ですね。一部分だけ一気に逝っちゃうとインパネが割れる可能性があるので要注意です。
 画像中のピンクの工具はKTC製の内装外し専用工具。
 内装を止めるピン等もコレで抜く事が出来、重宝してます。
 インパネが外れるとこんな感じです。
 画像中の赤丸4箇所に見えるネジがデッキを固定していますのでそれをプラスドライバーにて緩めましょう。
 その際、上段2箇所は奥まった位置にネジ止めされていますので、ドライバーは磁性が有る物を使い、ネジを落とさないように注意しましょう。
 最近では100円均一に磁性を帯びさせる事が出来る物も売られてますので要チェックです。

 ネジを外せばデッキは手前に引き抜く事が出来ます。

 しかし、ここからがくせ者。何と純正のデッキへの配線が短い為にデッキがダッシュボードより半分程度しか出てきません ( ゚Д゚)ポカーン
 インパネ部から手を入れても何とか指先が届くぐらいでデッキ裏に刺さってるカプラーを外すのにはとても苦労しました。
 皆さんも作業される際には苦労するかと思いますが頑張ってください (,,゚Д゚) ガンガレ!

 でもカプラーが外れたからと油断してはいけません。まだデッキは抜き出せません。ラジオのアンテナケーブルを取り外さないといけないんです。
 通常のデッキの場合、デッキ本体にアンテナケーブルを刺す構造になってる場合が殆どですが、スバル純正デッキは一味違います。デッキからケーブルが伸び、その先にアンテナケーブルを接続するような構造になってます。
 しかもそのケーブルが長さ約50センチもあります。何故こんなに長いのか・・・(・∀・;)

 で、そのアンテナケーブルを抜く訳ですが、長さ50センチもあるもんですから接続部はデッキのすぐ後ろには有りません。
 場所的にはダッシュボードの中程に有ります。口では説明しにくいのですが、運転席側のステアリングシャフトの奥辺りでしょうか・・・。
 一応アンテナケーブルを抜いた後に撮影してみました。赤丸で囲ってあるのがアンテナケーブル。
 でもこの画像で場所が解るかな・・・(・∀・;)
 まぁケーブルを手で辿っていけば何とかなるでしょう(無責任

 と、ここに来て勘のいい人ならお解りでしょうが、社外品デッキを取り付ける前に先に購入したアンテナ延長ケーブルを接続しておく必要があります。
 これを先に済ましておかないとデッキを再度取り外す羽目になりますのでお忘れ無く。
 単純に車側のアンテナケーブルと延長ケーブルとを刺して繋げ、デッキ取付部まで引き回すだけです。

 次にオーディオハーネスを取り付けるデッキへと取り付けていきます。
 オーディオハーネスのパッケージに線の種類(B電源やACC電源等)が記入されているので間違いなくデッキと接続してください。
 良くスピーカーへのケーブルを間違いがちなので要注意です。

 それから純正デッキに付いていたデッキ取付金具を外し、取り付ける予定の2DINデッキへ取り付けます。
 これが見事に流用出来るようになってます。デッキによって合うネジ穴を探しきっちり固定しましょう。
 固定の際に使うネジは純正デッキを固定していたネジで十分です。

 ここまで来れば後は車にデッキを取り付けるだけです。
 先程取り付けたオーディオハーネスを車側カプラーに繋ぎ、デッキにアンテナケーブルを刺し込み、デッキをダッシュボードへ固定すれば作業完了♪
 でもここでも注意する点があります。デッキから出る配線が多い場合、デッキが上手く収まらない場合があります。その場合は手を突っ込んでカプラーの位置をズラしてみる等の工夫をしてみてください。
 あとネジ止めの際にネジを落とさないように注意です。

 ようやくここまでこぎ着けました。
 あとはインパネを装着するのみ・・・なんですが元々付いていたインパネは1DIN専用設計。ポケットが引っ付いちゃってます。このポケット部分を切り離せば使えそうですが、綺麗に切れる自信がなかったのでディーラーにて2DIN用のインパネを発注してしまいました(^^ゞ
 ちなみにディーラーで在庫してなかったので取り寄せに1週間掛かりました。その間この状態で走ってました(w

 と、ここまで書いて2DIN用インパネを装着した画像を取り忘れた事に気付きました・・・_| ̄|○
 また時間が有れば撮影してうpしなおします m(__)m

 で、ようやく2DIN用インパネを撮影したのでうpしてみました。

 こんな感じで綺麗に収まりました。 
 しかしインパネ下部を良く見ると変な段が付いてます。
 ひょっとして元々付いてる1DIN用インパネをカットしただけなのか!?
 それなら自分でカットすれば良かった・・・_| ̄|○

 取付も無事終わり、動作確認です。
 と言ってもワゴンRで問題なく動いてたので普通に動いてくれます(w
 でスバル純正デッキとの比較をしてみますが、やっぱりDSP等が付いてある分、音がイイ感じに聞こえます。
 でも未だフロントのみの2スピーカー仕様。しかもそのフロントスピーカーも純正のちゃちなモノのまま・・・。やっぱりちょっと物足りないですね。次の作業はフロントドアスピーカーの交換に決定♪

 そうそう。この作業の途中、純正デッキを取り外す際にデッキ取付金具でダッシュボードに傷を付けちゃいました(鬱
 なので・・・

今回の作業の満足度:90%

 傷は耐水ペーパーで磨いたら消えるかな・・・時間が取れたら試してみよ。


★★ 今回使用したアイテム ★★

ADDZEST アゼスト クラリオン 取付キット・配線類 BKF−004−510スバル用中継コードキットトレ... 純正品から社外品のヘッドユニットを取り付ける際の必需品。
アンテナ延長ケーブルもセットになってます!
エーモン 内張りはがし インパネを外す時に活躍!
樹脂製なのでダッシュボードを傷つけにくいですよ。
他にも内張を外す時の必需品。内張を壊す前に買っておきましょう★

■ komocik space
■ DIY作業報告書(サンバー編)その4
■ 2004.09.08 更新
■ home:http://komocik-space.net/