TOPへ戻る DIY作業報告@サンバー 近況報告 掲示板 ブログ
DIY作業報告@ワゴンR 更新履歴 画像掲示板 リンク集

その5 ルーフレール及びエンブレム等の取り外し

作業難易度:★☆☆☆☆

 今回の作業は前回と違い至って簡単。なんて言っても外すだけ。
 で、作業の内容はと言いますと、ルーフレールとボンネットにあるスズキマークのエンブレムの取り外しと、リヤハッチのドアハンドルの取り外し、それとリヤハッチの「wagonR」ステッカー剥がしです。

■事前に準備する物

※印の物は必要に応じて用意してください。

■ルーフレールの取り外し

 まずルーフレールから外します。
 ルーフレール両端の取付部にカバーがあり、そのカバーをマイナスドライバーでこじって外します。もう2度と取り付ける事は無いと言う事でガンガン叩いて外します。まぁそんなに力を入れなくても外れますが(w

ルーフレール取り外し後

 カバーが外れれば、後はナットを緩めればルーフレールを外す事が出来ます。
 12ミリのラチェットボックスがあれば作業がはかどります。で、外した後のスタットボルトにはステンレスのナットを2つ取り付けました。1つは通常のナット、もう1つは袋ナットといい、片側が丸く袋状に閉じているナットです。これでちょうどいい高さになりましたヽ(´ー`)ノ
 しかし市販品はなんであんなに高価なんでしょうね?今回の方法なら数百円で可能なのに・・・。ちなみに今回は会社にあった物を使用したので費用はゼロ(w

■ボンネットのエンブレムの取り外し

 次にボンネットのエンブレムを外しにかかります。これは両面テープで取り付けてあるので、スクレーパー等を隙間に入れて剥がしていきますが、そのままでは思うように剥がれませんので、ドライヤーなどを利用してエンブレムを暖めてから剥がしにかかると結構うまくいきます。

 しかし、気をつけないとスクレーパーでボンネットを傷付けてしまいますので注意して下さい。私は後々オールペンをと考えていたので何も考えずに剥がしてましたけど。おかげで傷が付きましたが・・・(・∀・)アヒャ!!

 他の方法として、釣り糸を使う方法があります。前述の方法と同じようにエンブレムを一度暖めておき、エンブレムとボンネットの隙間に釣り糸を挟む様にセットし、歯間ブラシの様に往復させればOKです。
 エンブレムは強力は両面テープで固定されているのでそれを釣り糸で切り離すって言う考えです。しかし長い間放置してあったエンブレムは硬化しているので注意が必要です。

■リアハッチのドアハンドルの取り外し

ドアハンドル取り外し後  リヤハッチのドアハンドルの取り外しですが、これはルーフレールと同様の作業ですのでここでは省略。
 最後の処理も同じようにステンレスのナットを取り付けました。

■リアハッチのステッカー剥がし

 最後の作業が「wagonR」のステッカー剥がし。これが結構大変でした。
 このステッカーは剥がしにくいことで有名でそのままでは当然剥がれません。エンブレムと同様にドライヤーで暖めて剥がします。ゆっくりゆっくり剥がしていきますが、ステッカーの糊だけが残ってしまいました。これを剥がすのに市販の「ステッカー剥がし」を使用すれば綺麗に剥がれるのですが、わざわざこの箇所だけの為に購入するのももったいないので手持ちにあったコンパウンドで磨いてみました。
 すると、糊は取れていくのですが、仕上がりが曇ってしまいました・・・。どうせオールペンするし・・・(つД`)

皆さんも同じように作業されるのでしたら塗料を痛めないようにして下さいね。オールペンするなら別ですが(爆)


★★ 今回のオススメアイテム ★★

オートグリムボディー用インテンシブタールリムーバー ピッチ、タール、ステッカー剥がしに便利... これが有ればステッカーを剥がした後の強力な糊も取れます。しかもピッチやタールまで落とせる優れもの!

■ komocik space
■ DIY作業報告書(ワゴンR編)その5
■ 2004.03.04 更新
■ home:http://komocik-space.net/